●ジャーキーメーカー

Img_cb22926e0dd98dee8792d135c5ecaf8e
Img_4ca70fe18d982b4bbc3f2fd508a51fda
Img_130fc7ecac2262b95180c2b7eea9f55d
アメリカのNESCO社が作っているジャーキーメーカーです。

気になっている方もたくさんいると思います。


直径ほぼ35cm 円周ほぼ108cm 重さほぼ2.5k

1升炊きの炊飯器より一回り大きい感じです。

トレイが4枚・シートが1枚 付いています。

追加で、トレイを重ねることも出来ます。


アメリカ製ですが日本でもそのまま問題なく使えます。

プラグの大きさが左右で少し違うために、延長コードなどのコンセントでは入らない事もあります。


作り方は 
1.ジャーキーにしたいもの切って乗せます→

2.温度設定をしてコンセントにつなぎます。(タイマーは付いていません)→

3.モノによりますが、7〜8時間くらいで出来上がります。

私は、寝る前に電源を入れて 朝、起きたら電源を切っています。

夜に仕込んで、朝にはジャーキーの出来上がりです。

1.2個とって太陽の朝ご飯のトッピングにします。
Img_9339ecee22eb818c9ee98a5f57e79c29
Img_90400f302991e96d499d828dda18c987
Img_aeea24cd16a76295c4ec338a721fa395
時間が多少長くなったからと言っても、出来方に差があるようには見えません。

時間が短いと、生だったり柔らかかったりと言うことはあるようです。

温度設定は肉類は高め 野菜・果物は少し低めです。

詳しくは、取り扱い説明書(英語)が付いています。

今回は、果物も肉類も一緒に入れましたので、2番目に高い63度にして12時間かけました。

温度と時間は何回か作るうちに好みのモノが見つかると思います



ジャーキーの食材 (例)
鶏〜ササミ・鶏の胸肉・レバー・砂ずり・トサカ
豚〜耳・鼻
牛〜赤身の肉
魚〜鮭・その他
果物〜林檎・キィウイ・苺・梨・缶詰のパイナップル・バナナ

飼い主さん用としてホタテ・しいたけ・果物・あじの開き・ビーフジャーキー・ハーブ等々

その他にも色々とチャレンジしていただきたいですね。

楽しんで無添加のジャーキーを作ってください。

ジャーキーメーカー 15000円
追加トレイ2枚入り    3800円
追加シート2枚入り   2000円
くっつき防止ネット   2800円 
Img_64f8f11cdd62b20b1e124eecd754168e
今日作ったジャーキー

林檎    芯をとって半分にして5mm位に切ったものです。(これを書いているうちにお腹に消えてしまいました)
苺     ヘタをとって半分に切りました
鶏レバー 半分くらいに薄切りにしました。
せせり   ササミに比べると脂が多いので脂身を取り除きました。
豚耳    細切りのモノを買ってきて並べただけです。